2018年09月03日更新

トリキュラー使いこなそう!

トリキュラーとは低用量ピルとして世界中の女性に処方されている避妊薬です。
低用量ピルには2種類の女性ホルモンが入っています。
これによりホルモンの分泌が抑制されることになります。

トリキュラーの最大の特徴はサイクルのコントロールにとても優秀な点です。
子宮内膜が安定するので、副作用として頻度が高かった不正出血そのものの頻度が格段に低くなっています。
また、出血が起こるべく休薬期間に確実に生理のような性器出血が発生するので、生理が訪れないという心配から間違いなく開放してくれます。

トリキュラーを飲み始める時は生理の1日目から飲み始めてください。
また、最初の1週間はコンドームなどの避妊具と合わせて利用してください。
トリキュラーを飲み始めた1週間目は確実は避妊効果が得られないので、注意が必要です。
1日1錠を毎日決まったタイミングで21日間服用することが望ましく、その後の7日間を休薬期間とします。
飲み忘れが1日発生した場合は、気が付いたタイミングで飲んでしまって問題ありませんが、2日以上連続して間を空けてしまった場合は一旦服用を中止して、次の生理を待ってください。
この場合は妊娠してしまう可能性が高いので、コンドームなどの避妊具を使用してください。

トリキュラーには吐き気や頭痛などの副作用が見られますので、自身の身体の変化に十分注意を払ってください。
激しい症状が起こった場合は直ちに服用を止めて医師に相談してください。
大体の場合は、飲み続けていると症状が自然と消えていきます。